企業方針

企業方針

倫理

TransPerfect の社員は、事業を展開する管轄区域に適用される、あらゆる法令のガイドラインに従って業務を行う義務があることを本質的に理解しています。しかしそれと同時に、こういった法令は行動のすべてを十分に統制するものではないことを理解しています。さらに、グローバルな企業市民として、世界的に見た場合には法令が地域ごとに異なることも認識しています。これらを踏まえ、TransPerfectは世界各地で自らの事業活動を管理することを目的とした、独自の「業務行動倫理規範」を採用しました。

多様性

TransPerfectは、事業内容が本質的にグローバルであるため、必然的に多様性のある企業であろうと思う方もいらっしゃるかもしれません。確かにそうですが、さらなる高みを目指す弊社では、多様性の追求を10の基本理念の1つとして打ち出しています。

多様性について語る企業は数多くありますが、TransPerfectはあらゆる部門やマネジメントレベルにおいて、その実現に精魂を傾けています。最高の環境は多様性に富んだ文化的バックグラウンドを持つ人材のコラボレーションによって生まれ、それにより仕事の生産性が高まると固く信じているからです。

あらゆる国や分野から才能ある人材を迎え入れ、個々の違いを尊重するインクルーシブな環境で働くことを重視するなら、TransPerfectはあなたにぴったりの職場かもしれません。

弊社の業務慣行についての詳細は、多様性と倫理に関するエグゼクティブ スポンサーである最高執行責任者のロイ トルヒーヨ(Roy Trujillo)までお電話(+1.212.689.5555)またはEメール(diversity@transperfect.com)にてお気軽にお問い合わせください。

現代の奴隷労働

TransPerfectは、現代でさえも、世界各地で何百万もの人々が、さまざまな産業で、現代の奴隷労働の犠牲になっていることを認識しています。

社内でも、サプライチェーンにおいても、どのような形であれ現代の奴隷労働を一切容認しないTransPerfectの姿勢は、その現代の奴隷労働に対する声明に明確に述べられています。この声明には、TransPerfectおよびそのサプライチェーンの概要、現代の奴隷労働の撲滅を目指した方針および実務手順、過年度に行われた関連するトレーニング活動と重要業績評価指標が記載されています。

TransPerfect's Modern Slavery Statement

 
閉じるボタン

グループ企業


 
閉じるボタン

言語を選択


北中南米 ヨーロッパ アフリカ・中東 アジア太平洋